0

暁斎 / 入増盛算

SKU: C11158
価格 ¥102,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代: 明治期
サイズ : 大判3枚続
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ

ディレクターコメント
ずらりと並ぶのは、縁起の良い言葉と組み合わせられた数字で、それぞれが音の言葉遊びになっている。ご機嫌な七福神がそろばんをはじきながら唱えているのだろうか。楽しげな雰囲気とともに福を運んできそうな作品である。
暁斎は天保8年に国芳に入門するも、天保11年には狩野派の絵師前村洞和に再入門。洞和は暁斎の画才を愛し、「画鬼」と呼んだという。安政5年に狩野派を離れて「惺々狂斎」と号し、浮世絵を描き始め戯画・風刺画で人気を博した。他に万延頃から周麿と称して浮世絵を描き始めている。
明治14年には第2回内国勧業博覧会に出品した「枯木寒鴉図」が「妙技二等賞牌」を受賞。暁斎はこの作品に百円という値段をつけ、周囲から鴉一匹にその値段は高すぎると非難されると、「これは鴉の値段ではなく長年の画技修行の価である」と答えたという。これに心意気を感じた榮太樓本舗店主・細田安兵衛は本当に百円で購入して、周囲を驚かせた。
暁斎は卓越した技術をもっており人気絵師としてかなりの日本画の注文があったが、外国人からの受注がほとんどであり、作品が海外にあり日本国内では注目されてこなっかった。
近年では、海外コレクターの展覧会等が実施され日本国内でも人気が沸騰している。


Information
Date : 1868 - 89
Size : O-ban / Triptych
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning

Lined up words are numbers combined with auspicious words, each of which is a word game. The seven gods of good fortune may be chanting while playing the abacus. This is a work that seems to bring good fortune.
Kyosai entered the school of Kuniyoshi, however, he decided to become a pupil of Maemura Towa, one of the artists from the Kano school, later.
Towa loved Kyosai's talent and called him a "painting demon ." In 1858, Kyosai left Kano school and named "Seisei Kyosai" himself and started drawing caricatures and gained popularity.
From around 1860, he also used the name "Chikamaro."
In 1881, he exhibited the painting of crow, and it was blamed because he priced it at a high price considering that it is just one crow depicted in the painting. Then Kyosai said. "This price is not for one crow. It is for the time of my painting journey."
Later this painting was purchased by Hosoda Yasubee, and people surprised.
Sadly, Kyosai's artworks hadn't got Japanese people's attention in spite of he has excellent talent and sense of painting. Therefore, most of his artworks were created for exportation.