0

広重 /六十余州名所図会 大隅 さくらしま

SKU: C14066
タグ:   
価格 ¥132,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
When you double-tap on the image, it will be zoomed up.

作品
年代 : 安政3年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 小虫穴補修 / 裏打剥離跡

ディレクターコメント
「六十余州名所図会」(ろくじゅうよしゅうめいしょずえ)は、広重による日本全国の名所を描いた連作。
大隅は現在の鹿児島県にあたり、中央には桜島が描かれる。広重がこの図を描いた頃はまだ桜島は独立した島であり、この風景は大正3年の噴火により大きく変化することとなった。
桜島は噴火を繰り返しているが、火山のもたらす豊かな土壌により農作物が良く育ち、その他にも豊かな温泉や美しい風景などの火山の恵みから人々に愛されている。
全図とも画面は縦長で、前景を大きく描き遠近を協調し、大胆なトリミングを施すなど、斬新な構図がとられている。


Information
Date : 1856
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Restored small wormholes / Paper remnants on reverse


"Famous Places in the 60-Odd Provinces" is the scenery series that was created by Hiroshige. The motifs are famous and popular places in Japan.
Osumi had been placed in the current Kagoshima prefecture. The mountain in the middle of this artwork is Sakura-Jima Ontake.
In the time that Hiroshige created this artwork, Sakura-jima had been an island, however, this landscape changed caused by the eruptions in 1914. Sakura-Jima is currently connected to the Osumi peninsula.
This volcano erupts at regular intervals, however, it gives the land the soil of rich vegetation, and also there are a lot of hot springs and beautiful landscapes.