0

国輝二代 / 東京新嶋原勝景

SKU: C18217
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
If you double-tap on the image, it will be zoomed up.

作品
年代: 明治2年
サイズ : 大判10枚続
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ / 少シワ

ディレクターコメント
国輝二代は豊国三代の門人で、文久頃から国綱二代と称して制作を開始しており、慶応頃に国輝二代と改めたと見られる。国輝となって以降は開化絵を多く描き中でも鉄道絵がかなり多く、蒸気機関車の描写は他の絵師よりもずっと精緻に観察して描いている。幕末から明治初期の開化絵は資料的価値も高い。
新嶋原は明治へ時代がうつるひと前月に現在の中央区に設置された遊郭街。京都の島原遊郭に因んで名付けられた。四方を塀で囲むスタイルは吉原の形式を取り入れたもの。主に築地の外国人居留地の客を見込んで設置された新嶋原であるが、外国人を守る意味で日本人の武器の持ち込みなどを厳しく制限したことや思いのほか外国人の集客が叶わなかったことから、たった3年で新吉原へ移転された。その後跡地は新富町として賑わいを見せた。


Information
Date : 1869
Size : O-ban / Continuity of 10 images
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning / Slight creasing