0

英山 / 母子像

SKU: C18221
価格 ¥1,530,000
作品
サイズ : 87.5 × 32.4 cm
詳細 : 絹本肉筆 / 少汚れ / 小補修

作品
英山は父に次いで鈴木南嶺に絵を学んだ。更に幼馴染だった北渓を通して、北斎派の画風も習得している。
歌麿の急死後に新進の英山が現れ、美人画で売り出す。英山の作風は物柔らかく、どこか儚く弱い女性の美しさが漂う英山独自の美人画を確立して、新しい時代の美人画をリードしていった。文化中期から文政中期に美人画の揃物を多く制作、2枚続の掛物絵に全身美人を描くスタイルを広めた。


Information
Size : 87.5 × 32.4 cm(Hanging scroll)
Detail : Painting on silk / Slight browning / Slight restored