0

小村 雪岱 / 青柳

SKU: C18264
作品
年代 : -
サイズ : 45 × 29.5 cm
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 限定300 / アダチシール版

ディレクターコメント
雪岱は16歳の時に画家を志して日本画家の荒木寛畝に入門した。
大正3年に泉鏡花の「日本橋」の装幀を行ない、以後清方と並び、多くの鏡花作品を装幀、木版多色摺りによる挿絵の仕事を手がけた。装幀のほか、新聞雑誌の挿絵において活躍している。昭和8年に、挿絵の代表作となった邦枝完二作の新聞小説「おせん」、翌昭和9年の「お伝地獄」など数々の作品を発表するなど大きな足跡をのこした。
雪岱の美人画は浮世絵的な雰囲気が色濃く、その作品は春信の影響を受けていると思われる。雪岱の木版画は、アダチ木版・高見沢木版社などから版行されたものが多い。


Information
Date : -
Size : 45 × 29.5 cm
Impression : Good
Condition : Good
Detail : ed300 / Published by Adachi