0

貞秀 / 富士の裾野巻狩之図

SKU: C19059
タグ: 動物  
価格 ¥41,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up the images.

作品
年代 : 弘化4 - 嘉永5年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ / 小虫穴補修

ディレクターコメント
貞秀は国貞の門人で、慶応3年のパリ万博に出品の際には芳宗と共に浮世絵師の総代となっており、当時最も高名な絵師であった。そして明治元年の絵師番付において、貞秀は第1位になっている。
貞秀は美人画、役者絵、横浜絵、開化絵などクオリティの高い作品を多く残しているが特筆すべきは、鳥瞰による一覧図である。貞秀は地理に強い関心を持ち様々な場所を旅して制作にあたった。
この作品でも、富士の裾野で多くの動物たちが追い立てられ、待ち構えた御家人達に仕留められるドラマチックなシーンが貞秀らしい見事な鳥瞰図で描かれる。富士の巻狩りは、建久4年に源頼朝が御家人を集め行った大規模な巻狩りのこと。



Information
Date : 1847 - 52
Size : O-ban / Triptych
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning / Restored small wormholes

Sadahide was a pupil of Kunisada. In 1867, when he participated in the Paris Expo, he and Yoshimune were representative of the whole Ukiyo-e artist. He also took the first place of the ranking of the best Ukiyo-e artist of 1968.
The specially mentioned his artwork is the attractive bird’s‐eye view, for instance, Yokohama-e. He was also interested in the geography and traveled various places in Japan, and left beautiful artworks.
This artwork is the depiction of the large-scale hunt event held by Minamoto no Yoritomo at the foot of the Mt.Fuji, in 1193.
The various animals are running around to escape from the vassals of Yoritomo. This hunt is called "Makigari", and the hunting area is surrounded on four sides by hunters. We can also see the technique of the bird’s‐eye view.