0

芳盛 / 書画五拾三駅 神奈川横浜眺望

SKU: C19084
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up the images.

作品
年代 : 明治5年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ / 小虫穴補修

ディレクターコメント
明治初期、西洋画を意識して制作された開化絵。この書画五十三駅は、多くの作家が参加し五十三次を描いたが、特にこの横浜眺望は人気を博す。
芳盛は国芳の門人で幼少時より国芳の門に入り、国芳の画風によく倣った武者絵、時局絵、花鳥画などを描いた。「ゑぎりす人の図」、「五ヶ国」、「港崎横浜一覧」などの横浜絵の作品があるが、「東都名所」その他において江戸市中遊覧の外国人を描いた作品は珍しい。ほかに合作の「御上洛東海道」や「末広五十三次」にも参加した。後に光斎と号して作品を手がけている。明治以降、一時は内務省に十三等官吏として勤務もした。


Information
Date : 1872
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning / Restored small wormholes

This artwork was created at the beginning of the Meiji era and is a depiction of the "civilization and enlightenment". "Paintings and Writings Along the 53 Stations" is a series of combinations of the sceneries of the 53 places and the calligraphies. The various artist participated in this series.
Regarding this print, the artist tried to imitate the western painting by using woodblock printing techniques.