0

豊国 / 浮絵 忠臣蔵七段目の図

SKU: C20008
タグ: 忠臣蔵  
価格 ¥41,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 寛政6年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ / 虫穴補修

ディレクターコメント
豊国は豊春の門下で、理想の美しさを表現した役者絵や美人画で絶大な人気を得た。作画期は天明6年から文政7年まで及ぶ。寛政6年には、和泉屋市兵衛から「役者舞台之姿絵」の連作が出版された。これは単調な背景に浮き上がる当時の人気役者の舞台姿を描いたもので、清新な画風が好評であった。また時代の要求に応じた粋と侠艶の婀娜な女性美を描く歌川派様式を創り出し、文化期になると、粋の美へと画風が変化した。多くの門弟を育て、幕末に至る歌川派の興隆をもたらした。


Information
Date : 1794
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning / Restored wormholes