0

国長 / 新板浮絵江戸名所八景 深川八幡ノ晴嵐

SKU: C20009
価格 ¥450,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 文政3 - 10年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ / 薄い中折 / マージンに極小穴

ディレクターコメント
あたたかな風が吹く気持ちの良い日、人々が談笑しながら歩む深川八幡の一場面。
浮絵とは西欧の透視画法(遠近法)を用いて屋内の様子などを遠近感を強調して描いたもので、当時は浮き上がって見えると評判であった。
国長は江戸時代に活躍した浮世絵師で、初代豊国の門人と考えられている。黄表紙や合巻の挿絵、役者絵、美人画、名所の浮絵や外国の風景を残している。


Information
Date : 1820 - 27
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning / Lightly centerfold / Very small holes on margin

On a pleasant day with a warm breeze, people are chatting and laughing at Fukagawa Hachiman Shrine.
Uki-e is a type of painting that uses the Western perspective painting method to depict indoor scenes with an emphasis on perspective and was popular at the time for its floating appearance.
Kuninaga was an ukiyo-e artist active in the Edo period (1603-1868) and is thought to have been a pupil of Toyokuni. His works include illustrations for Ki-Byoshi (kind of storybook) and joint scrolls, actors, beauties, the perspective view of famous places, and foreign landscapes.