0

広重 / 江戸名所 外さくら田

SKU: C20019
価格 ¥92,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 安政元年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ

ディレクターコメント
美しい着物に身をつつみ、楽しげに行き交う人々を描いた1枚。奥に見えるのは佐賀藩鍋島家の上屋敷である。
広重は寛政9年、江戸八代洲河岸の定火消同心・安藤源右衛門の子として生まれた。幼少より絵を好み、15歳のときに歌川豊広の門下に入る。初めは美人画や役者絵を描いていた広重であったが、やがて「東都名所」のシリーズを皮切りに数々の風景画を制作。人気絵師として名を馳せた。


Information
Date : 1854
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning

People who are enjoying the stroll wearing beautiful kimonos.
The structure in the background is the upper residence of the Nabeshima family of the Saga domain.
Hiroshige was born in Kansei 9th, the son of Ando Genemon. Hiroshige loved painting from an early age, and at the age of 15, he became a pupil of Utagawa Toyohiro. At first, Hiroshige painted pictures of beautiful women and actors, but eventually, he produced a number of landscapes, starting with the series "Famous Places in Eastern Tokyo".