0

豊国三代 / 市村羽左衛門

SKU: C21068
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 文久元年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ

ディレクターコメント
歌舞伎の楽屋が描かれたシリーズより。
衣裳替えや化粧をする役者達と一緒に描かれた小道具も興味深い。慌ただしくありつつも活気のある歌舞伎の裏側が描かれている。

豊国三代は豊国の門人で、国貞と名乗っていたが、天保15年に豊国二代を称した。(実際には豊国三代)
作画期が長く、その作品の量も膨大なものになっている。特に役者絵・美人画等の人物の描写に定評があり、当時の浮世絵界を風靡するほどの勢いと力を持っていた。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : 1861
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning

From a series of artworks depicting kabuki dressing rooms.
The actors hurriedly preparing for the performance.
The props depicted with them are also interesting.

Kunisada (1786 – 1865), also known as Toyokuni III, was the most popular, prolific, and commercially successful artist of ukiyo-e woodblock prints in 19th-century Japan. In his own time, his reputation far exceeded that of his contemporaries, Hokusai, Hiroshige, and Kuniyoshi.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints