0

無款 / 当世三筋のたのしみ

SKU: C21125
タグ:    動物  
価格 ¥39,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
If you double-tap on the image, it will be zoomed up.

作品
年代 : -
サイズ : 大判2枚続
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ / ※猫の図

ディレクターコメント
激動の幕末、江戸城明け渡しの際の、各藩、そして各人物の情勢を表した風刺画である。
座敷の内側にいるのが旧幕府軍、外から今まさに座敷に上がろうとしているのが新政府軍で、抱きかかえられた子供は天皇を表している。
徳川御三家にもかかわらず真っ先に新政府軍に協力した尾張藩(大根柄の着物)が「みんな、こつちへはいりやアナ」と手招きするのに対し、足下の猫が「尾まへの心ハふたまた大根 とちらがまことの本根やら」と皮肉を言っている。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : -
Size : O-ban / Diptych
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning / *Cat

This artwork is a caricature of the situation of each clan and each person during the "Surrender of Edo Castle" at the end of the turbulent Edo period.
The people inside the room implicitly represent the clans on the side of the old shogunate army, while the people who are about to enter the room are clans and people of the new government army.
The baby in the arms represents the still young emperor.
The Owari clan (the person in the radish-patterned kimono), which played an important role in the old shogunate but was the first to cooperate with the new government forces, invites to the people who are outside. "Everyone, go ahead, come in."
In response, a cat by him is saying, "Your heart is like a radish with two legs. I wonder which one is your real leg."

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints