0

芳藤 / WOROSIIAZIN 遊行

SKU: C21129
タグ: 洋装  
価格 ¥65,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 文久2年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : -

ディレクターコメント
安政6年に鎖国が解かれ横浜港が開港されると、様々な国の人々や文化が一気に日本に流れ込み、浮世絵師達はすかさず作品にしていった。
「WOROSHIIAZIN」はロシア人の意。初めて見る、または聞くその様相を写し取った作品には、新しい文化への興奮のようなものが感じられる。
芳藤は国芳の門人で、多くのジャンルの浮世絵を手がけた。特に子供向けの玩具絵において丁寧な仕事をしており、「おもちゃ芳藤」と呼ばれたという。子供が見て遊ぶために制作された玩具絵故に、現在まで良好な状態で残っているものは数少ない。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : 1862
Size : O-ban / Triptych
Impression : Good
Condition : Good
Detail : -

In 1859, when the National isolation of Japan was lifted and the port of Yokohama was opened, people and cultures from various countries flowed into Japan at once, and ukiyo-e artists were quick to capture the new culture.
"WOROSHIIAZIN" means "Russian people." The artworks capture the people and cultures that they saw or heard for the first time. We can see a kind of excitement in the artwork.
Yoshifuji was a pupil of Kuniyoshi and had created various genres of artworks. He particularly gained a reputation with the genre of Toy-Print, and he was called "Toy-print Yoshifuji".
Toy-Prints were created for children literally, so it is difficult to find out one in good condition.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints