0

ポール ジャクレー / ジャングルの帰り道

SKU: C21276
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 昭和23年 
サイズ : 47 × 36.4 cm
刷 : 優良
保存 : 良
詳細 : 限定250 / 英数字エディション

ディレクターコメント
ポール ジャクレーはフランスパリの生まれで、3歳の時に来日した。日本文化を学び、油絵・デッサンを黒田清輝と久米桂一郎から、日本画を輝方・蕉園から学んだという。
昭和6年に藤懸静也の勧めにより木版画の制作を始めたジャクレーは、昭和8年には自ら若礼(ジャクレー)版画研究所を設立し、彫師、摺師と共同生活をしながら166点の新版画の制作を続けた。
ジャクレーの木版画は国内外の欧米人を主な顧客として頒布会形式で販売されている。戦後には、駐留米軍関係者たちが作品を競って買い求めており、日米の各地において回顧展が開催されたほどの人気であった。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : 1948
Size : 47 × 36.4 cm
Impression : Very good
Condition : Good
Detail : ed. 250 / Edition number in alphameric character

Paul Jacoulet was born in Paris, France, and moved to Japan when he was three years old. He learned Japanese culture, oil painting and sketching from Kuroda Seiki and Kume Keiichiro, and Japanese painting from Terukata and Shoen.
In 1931, at the suggestion of Fujikake Shizuya, he began to produce woodblock prints, and in 1933 he established the Jacoulet Print Study Institute, where he continued to produce 166 new prints while living together with engravers and printers.
Jacoulet's woodblock prints were sold in the form of distribution, mainly to Westerners in Japan and abroad.
After the war, U.S. military personnel stationed in Japan competed to purchase his works, and retrospective exhibitions were held in various locations in Japan and the United States.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints