0

チャールズ バートレット / タージマハル

SKU: C21278
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : -
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 限定75 / サイン / エッチングに手彩色 / 少マットヤケ

ディレクターコメント
バートレットはロンドンの王立芸術アカデミーに入学後、絵画とエッチングを学んだ。そして、ロンドンでの絵画研究の3年後、フランスに渡ってパリのアカデミー・ジュリアンに入学し、ジュール・ジョゼフ・ルフェーブルとギュスターヴ・ブーランジェに師事、主に水彩画やエッチングを描いて活躍していた。
バートレットは大正2年に、裕福であった妻の家族からの資金援助をうけて、インド、セイロン、インドネシア、中国へ旅立ち、その途中で大正4年に初めて日本に立ち寄った。この時、自らの水彩画のスケッチを渡辺庄三郎のもとに持ち込み、鉛筆を絵筆に持ち替えるところから始めて、木版画の制作を開始した。 翌大正5年に渡辺庄三郎は、バートレットによる日本の風景画6点及びインドの風景画、合計21点の新版画を発表した。
その特徴的なブルーは北斎や広重の藍色、松亭の新作版画にみられるような紺色に近い青とも違って、より明るく新しい時代を感じさせるものであった。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : -
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : ed. 75 / Signature / Hand coloring on etching / Slight mat line

Bartlett enrolled at the Royal Academy of Arts in London, where he studied painting and etching. After three years in London, Bartlett entered the Académie Julian in Paris, France, where he studied under Jules Joseph Lefebvre and Gustave Rodolphe Clarence Boulanger. He was active mainly in watercolors and etchings.
In 1913, with financial support from his wife's wealthy family, he traveled to India, Ceylon, Indonesia, and China. On his way, he stopped in Japan for the first time in 1915. At that time, he brought his own watercolor sketches to Shozaburo Watanabe and started to make woodblock prints by changing his pencil to a paintbrush. The following year, in 1916, Shozaburo Watanabe released a total of 21 new prints, including six Bartlett landscapes of Japan and one of India.
The characteristic blue of the prints was different from the indigo of Hokusai and Hiroshige, or the almost dark blue of Shoutei's new prints, and gave the impression of a brighter and newer age.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints