0

英泉 / 当世まつの葉 傾城音羽の滝

SKU: C22005
価格 ¥480,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 天保頃
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ / 極小虫穴

ディレクターコメント
英泉は、師である英山が描くような儚げな女性の美人画を描いていたが、その後、独自の妖艶な画風で人気を博することになる。
6頭身で胴長、猫背気味という、屈折した情念の籠った女性像が特徴である。英泉は深川のような岡場所や吉原遊廓の遊女を、妖艶さと強い意志を湛えた眼差しを持つ女性として描いた。江戸時代の後期、文化・文政期の退廃的な美意識を象徴的に表し、幕末の世情を反映したアクの強い画風を示している。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : 1830 - 44
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning / Very small wormholes

Eisen started out painting fragile female beauties like his master, Eizan, but later became popular for his unique and bewitching style of painting.
Her paintings are characterized by a six-headed, long-bodied, hunchbacked female figure that is full of refracted emotions. Eisen portrayed prostitutes in Oka places like Fukagawa and in Yoshiwara brothels as women with a bewitching and strong-willed look in their eyes. This work symbolically represents the decadent aesthetic of the late Edo period, the Bunka-Bunsei period, and shows a strong painting style that reflects the state of affairs at the end of the Edo period.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints