0

織田 一磨 / 画集都会生活 舞妓

SKU: C22286
価格 ¥71,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 昭和15年
サイズ : 25.7 × 20.2 cm
詳細 : 石版画 / マージンに少汚れ

ディレクターコメント
桃山時代の装飾画を背景に佇む舞妓が描かれている。
舞妓は均一な肌をもって静的に描かれており、装飾的な背景の前にいるとまるで工芸美術品のようだ。
「画集都会生活」という書籍に合わせて制作された本作は、販売当時は隣のページに文章があり、当時の舞妓の工芸美術的な特性について考察が行われていた。
(こちらでは版画作品のみ販売)

織田一磨は洋画を川村清雄に、石版画を金子政次郎に学び、近代美術としての版画を主張する創作版画運動に参加することで日本初の創作石版画家となった。
北斎を中心に浮世絵版画を研究し、浮世絵同様に、時代の移り変わりを新鮮に表現した風景画を多く制作した。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : 1940
Size : 25.7 × 20.2 cm
Detail : Lithograph / Slight browning on margin

The maiko sitting in the background of a decorative painting from the Momoyama period.
She is depicted statically with even skin, and in front of the decorative background, it looks like a work of artifact.
This print was produced for the book "Painting Collection of Metropolitan Life," and at the time it was sold, the text on the adjacent page discussed the craft-art characteristics of maiko at the time.
(Only prints are available here.)

ODA Kazuma learned Western-style painting from Kawamura Kiyoo and lithography from Kaneko Masajiro, and became the first Sosaku-Hanga artist to specialize in a lithograph in Japan by participating in the Sosaku-Hanga movement that advocated prints as modern art.
He also studied ukiyoe prints, mainly at Hokusai, and produced many landscapes and other works that expressed the changes of the times in the same way as ukiyoe.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints