0

国直二代 / 波烟南河の夢

SKU: C23200
タグ: 幽霊  
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 明治18年
サイズ : 大判3枚続
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 小虫穴補修

ディレクターコメント
夢の中、山岡鉄舟の前に現れた西郷隆盛、桐野利秋、篠原国幹の霊魂たちを描いた作品。鉄舟は明治18年に施餓鬼(せがき)という供養の行事を催しており、西郷らの眼差しには感謝の念が宿っているようにも見える。

国直二代は国貞の門人で、作画期は明治16年から20年と短く、手掛けた作品も少ない。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : 1885
Size : O-ban / Triptych
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Restored small wormholes

This work depicts the spirits of Saigo Takamori, Kirino Toshiaki, and Shinohara Kunimoto, who appeared in Yamaoka Tesshu's dream. Tesshu held a memorial service called "Segaki" in 1885. The eyes of Saigo and others seem to be filled with gratitude.

Kuninao II was a pupil of Kunisada. His painting period was short, from 1883 to 1887, and he produced small numbers of prints.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints