0

川瀬 巴水 / 若狭 久出の浜

SKU: C24214
価格 ¥2,100,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 大正9年
サイズ : 大判
刷 : 優良
保存 : 良
詳細 : -

ディレクターコメント
夕暮れの桃色に染まる若狭湾を描いた1枚。印象深いこの色彩を表現するために34の版が使用されている。目に見える一色の表現には、隠れた色彩が層をなし、画面に深みを与えている。
本作は大正9年に制作され、関東大震災によってその版木は失われた。
また、本作に使用されている桃色はとても退色しやすく、保管には注意が必要だ。

川瀬巴水は元々日本画家として活躍していたが、大正7年に発表された伊東深水の木版画作品「近江八景」に感銘を受け版画家に転向した。
その後は新版画の第一人者として活躍し、約40年にわたる画業のなかで多くの版画作品を残し、その数は600点にも及ぶ。
巴水の特徴的な青色はその場の空気さえも宿す深い味わいを持ち、「巴水ブルー」と称される。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : 1920
Size : O-ban
Impression : Very good
Condition : Good
Detail : -

This artwork depicts the pink-colored Wakasa Bay at dusk.
To express this impressive color, the publisher used Thirty-four plates. The expression of one visible color is layered with hidden colors, giving depth to the picture.
This work was produced in 1920, and its woodblocks were burned in the fire of the Great Kanto Earthquake.
The pink colour used in this work fades very easily and should be preserved with care.

KAWASE Hasui was initially active as a Japanese painter but switched to printmaking artist by being impressed by ITO Shinsui's woodblock artwork "Eight Views of Omi," published in 1918.
After that, he became active as a leading artist in the Shinhanga field and left behind many print works in his 40 years of painting, numbering over 600.
Hasui's characteristic blue color is called "Hasui Blue" because it has a deep impression that even includes the atmosphere of the sketched places.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints