0

豊国三代 / 近世水滸伝 組定重次 市川団十郎

SKU: C25058
価格 ¥32,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 文久2年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : -

ディレクターコメント
江戸時代には水滸伝ブームが巻きおこったが、その背景には、日本のアウトロー、博徒・侠客の蠢動があった。「近世水滸伝」は水滸伝の豪傑を日本の侠客に見立てた役者絵の連作である。

豊国三代は豊国の門人で、まず国貞と名乗り、天保15年には豊国二代を名乗った。(実際には既に豊重が豊国二代を襲名していたが、自分の方がふさわしいという意図なのか当時は二代を名乗ったのだという。現在は区別の為に豊国三代として扱われる。)
作画期が長く、その作品数は一万点以上に及ぶと考えられている。特に役者絵・美人画等の人物の描写に定評があり、その作品数や勢いからして江戸浮世絵界を風靡していたことが窺える。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : 1862
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : -

The Suikoden boom of the Edo period was based on the stirrings of Japan's outlaws, the Bakuto, professional gamblers, and chivalrous men. Suikoden of the Early Modern Period is a series of Kabuki actor pictures that depict the heroes of Suikoden as Japanese chivalrous.

ToyokuniⅢ was a student of Toyokuni. He first took the name Kunisada, and in 1844 he took the name ToyokuniⅡ. (In fact, Toyoshige had already succeeded ToyokuniⅡ, but ToyokuniⅢ also took the name of Toyokuni Ⅱ at that time, perhaps intending to make himself more suitable. Today, He is treated as the third generation to distinguish between them.)
ToyokuniⅢ had a long period of painting, and some articles thought he produced more than 10,000 works. He was primarily known for depicting people, including portraits of actors and beautiful women. His number of works and popularity suggest that he dominated the Edo Ukiyo-e world.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints