0

国輝二代 / 源頼朝公奥州征罰高舘之諸城ヲ攻落ス

SKU: C26101
価格 ¥340,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 明治元年
サイズ : 大判3枚続
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ

ディレクターコメント
国輝二代は豊国三代の門人である。当初は国綱二代と称して制作を開始し、慶応頃に国輝二代と改めたと考えられている。
国輝となって以降は開化絵を多く描き、中でも鉄道絵がその多くを占める。蒸気機関車の描写は他の絵師と比較してもより丁寧に観察して描かれた事が窺えるため、資料的価値も高いと言えるだろう。


作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : 1868
Size : O-ban / Triptych
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning

Kuniteru II was a student of Toyokuni III. It is believed that he started working under the name Kunitsuna II around the Bunkyu era and changed it to Kuniteru II around the Keio era.
After becoming Kuniteru II, he designed many Kaika-e prints, most of which are railway pictures. His depictions of steam locomotives are of high documentary value, as it can be seen that he observed and depicted steam locomotives more carefully than other artists.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints