0

芳年 / 月百姿 世尊寺乃月 少将義孝

SKU: C26111
タグ: 月百姿  
価格 ¥45,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 明治19年
サイズ : 大判
刷 : 優良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ

ディレクターコメント
公家の歌人、藤原義孝(ふじわら の よしたか、954 - 974)を描いた一枚。その人望と信心深さから兄弟ともに愛されたが、疱瘡にかかり同じ日の朝に兄 挙賢(たかかた)が、夕に義孝がわずか21歳で亡くなるという悲劇的な最期を迎えることとなる。
義孝はその優れた容姿でも知られており、百人一首には次のような恋の歌を残している。
「君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな」
訳すると、
「貴方のため、惜しくは無い命だけれど、あなたと逢った今となっては、長生きをしたいと思うようになってしまったよ」
(参考: 【嵯峨嵐山文華館】小倉百人一首の全首を見る)

「月百姿」は芳年が明治18 - 25年に発表した全100点の月をテーマとした作品である。8年を掛けて完結し、明治25年6月の芳年の死の直後に100作品に目録と序文を添えた画帖が発売された。幅広い画題と多彩な画風を駆使して描かれ、芳年の最後の大作・代表作の一つと評価されている。版元は滑稽堂秋山武右衛門である。

芳年(天保10 - 明治25年)は、幕末から明治前期にかけて活動した浮世絵師。
多種多様な浮世絵を手がけ、各分野において独特の画風を見せる。明治期において最も成功した浮世絵師であり、「最後の浮世絵師」と評価されることもある。門下から日本画や洋画で活躍する画家を多く輩出したという側面もある。
また、芳年は芥川龍之介、谷崎潤一郎、三島由紀夫、江戸川乱歩など、文人たちにも愛された。精神を病みながらも創作をつづけた芳年の鬼気迫る情念がこもった究極の美は、世界中で人気が高い。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : 1886
Size : O-ban
Impression : Very good
Condition : Good
Detail : Slight browning

This print depicts Fujiwara no Yoshitaka (954 - 974), a courtly poet. He had an elder brother Takakata, both of whom were beloved by the people for their popularity and piety, but they contracted the pox and died the same day, Takakata in the morning and Yoshitaka in the evening at the age of only 21.
Yoshitaka was also known for his good looks and left the following love poem in the Hyakunin Isshu (One Hundred Poems).
“Though I felt I would gladly give up my life for you, after seeing your face I now have reason to want to live long.”

During 1885 - 1892, Yoshitoshi produced a series of 100 moon-themed prints entitled "100 Aspects of the Moon". The project took eight years to complete.
Just after Yoshitoshi's death, the combined album that includes 100 artworks with the table of contents and preface, in June 1892.
The works were created using a wide variety of subjects and styles, and are regarded as one of Yoshitoshi's last major works and masterpieces. It was printed by Akiyama Buemon, a publisher of the Kokkei-Do.

Tsukioka Yoshitoshi (1839 - 92) was a Ukiyo-e artist who was active from the end of the Tokugawa shogunate to the Meiji era.
He created various artworks, and we can see his unique expression styles in each genre of the works.
He was one of the most essential and famous Ukiyo-e artists in the Meiji era and had many pupils who became famous in the Japanese and Western fields. Sometimes, he is called "The last Ukiyo-e artist."
Many writers also loved him, such as Tanizaki Junichiro, Mishima Yukio, and Edogawa Ranpo. Moreover, the beautiful and fascinating artworks that were kept creating even though he was in a mental disorder enthralled people worldwide.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints