0

芳虎 / 勢州長嶋合戦之図

SKU: C11139
価格 ¥97,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代: 万延元年
サイズ : 大判3枚続
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 小虫穴補修 / 右図マージンの一部に薄み

ディレクターコメント

「長島一向一揆」は、3度にわたり、「織田信長」と伊勢長島(現在の三重県桑名市)一帯の本願寺門徒との間で起こった合戦。「一揆」と聞くと農民などによる反乱を想像するが、織田信長を再三にわたり手こずらせたことからも、ただの反乱でなかったことが分かる。織田信長は、この戦いで徹底的に殲滅を図り、2万人もの死者を出した。

芳虎は国芳の門人で、幕末から開化期にかけて活躍した絵師の一人である。明治元年には錦絵師番付で貞秀に次いで第2位となり、トップクラスの人気があったことを物語っている。芳虎が最も活躍したのは明治維新前後の目新しい風俗を描いた横浜絵や開化絵の分野で、相当数の作品を残している。当時の多くの日本人にとっては未知の外国風景も描いた。


Information
Date : 1860
Size : O-ban / Triptych
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Restored small wormholes / Slight thinning on right part

Yoshitora was one of the pupils of Kuniyoshi and was active from the end of the Edo-shogunate to the Meiji era. In 1968, he become the second artist of the Ukiyo-e artist ranking, and it tells us that he had actually been known in the Ukiyo-e field.
He had especially been known with artworks of the depictions of the new culture which came from overseas and the scenery of Yokohama where thrived as an international town. In the era, general citizens hadn't seen the actual western cultures, architecture from foreign countries, and the fashions, so people could know it from Ukiyo-es.