0

国貞 / 当世薄化粧

SKU: C18036
価格 ¥51,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
If you double-tap on the image, it will be zoomed up.

作品
年代: 文化12 - 天保13年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : -

ディレクターコメント
国貞は豊国の門下で浮世絵師随一とも言われる数万点の作品を残し、国芳や広重を押さえて当時人気No.1を誇った浮世絵師である。22歳で浮世絵界にデビューしてから79歳で亡くなるまで、歌舞伎や吉原、当時の文化風俗など、まさに「江戸文化の全て」を描き切り、浮世絵界のトップランナーとして走り続けた大御所中の大御所といえる。
天保15年には豊国三代を襲名した。
五渡亭の号を使用している期間の作品が最も評価が高い。
この作品は、タバコの火入れを二階に運ぶ様子を描いた作品。当時は薄化粧の女性が粋とされていた。


Information
Date : 1815 - 42
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : -