0

広重 / 名所江戸百景 千駄木團子坂花屋敷

SKU: C19034
タグ: 名所江戸百景     
価格 ¥100,000
作品
年代 : 安政3年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : -

ディレクターコメント
満開の桜の木の下で、人々が花見を楽しんでいる。
画面奥に見えるのは「紫泉亭」と呼ばれる茶亭で、「千駄木花やしき」内にあり、花見の時期には多くの観光客で賑わったという。
様々な作品を描いてきた広重が最後にたどり着いたのは、大胆な構図が特徴の「名所江戸百景」であった。モネやゴッホといった印象派の巨匠たちが模写したことで世界的にも知られている。高い視点から見下ろす俯瞰図や前景に印象的な素材を大きく描く遠近法、様々な摺りの技術を駆使した表現方法など、晩年に至ってなお新しい試みが随所に見られる意欲作である。日頃何気なく目にしている風景が、広重の手に掛かればこうも印象深くなるのかという驚きこそが、江戸の人々を魅了したのではないだろうか。


Information
Date : 1856
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : -

Under the full bloom cherry blossoms, people are enjoying the viewing and banquets. The mansions on the top of the hill are "Shisen-tei" in "Hana-yashiki" where was filled with beautiful flowers.
The hit series of Ukiyo-e "One Hundred Famous Views of Edo", published from 1856-1859, including several of the Ukiyo-e masterpieces by Hiroshige. Hiroshige began this project at the age of sixty, and in it, captured many charming scenes of the Edo era through very original, vertically-arranged compositions. Though he intended to create only 100 works, in the beginning, the overwhelming popularity of this series led the artist to produce a total of 118 prints over 3 years.