0

国貞二代 / 両国夕涼みの図

SKU: C19052
タグ: 夜景   動物  
価格 ¥140,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up the images.

作品
年代 : 安政元年
サイズ : 大判3枚続
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ / 小虫穴補修 / 裏面にテープ跡

ディレクターコメント
薄暗い夏の夕方、舟に乗り込む3人をとらえた1枚。夕涼みという言葉にふさわしく、涼しげな夜風が柳をゆらしている。
国貞二代は国貞(豊国三代)の門人の一人である。嘉永3年には豊国三代の長女の婿となって国政二代を称したが、嘉永5年には国貞二代と称している。これ以降、師豊国三代後を継いで活躍。豊国三代が没した後の明治3年頃からは豊国四代を名乗った。


Information
Date : 1854
Size : O-ban / Triptych
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning / Restored small wormholes / Tape remnants on reverse

In the dim summer dusk, 3 ladies are getting into the boat.
The willow leaves swaying together with the cool wind and it looks comfortable.
KunisadaⅡchanged his artist name several times.
He was one of the pupils of Kunisada (=ToyokuniⅢ) and started to use the artist name KunimasaⅡ once he married the daughter of ToyokuniⅢ. And later, he changed his name to KunisadaⅡ and gained a reputation by taking over the ToyokuniⅢ's painting style.
Also, he changed the name to ToyokuniⅣ once ToyokuniⅢ died.