0

駒井 哲郎 / クラブの A

SKU: C19283
価格 ¥1,222,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up the images.

作品
年代 : 昭和33年
サイズ : 38 × 24.4 cm
詳細 : 作家保存版 / アクアチント(カラー)/ 裏面にヤケ

ディレクターコメント
駒井哲郎は西田武雄に銅版画を学び、50年春陽会賞、翌年第1回サンパウロ・ビエンナ-レで受賞。木版の棟方志功とともにいち早く世界の舞台で高い評価を獲得し、戦後の美術界に鮮烈なデビューを飾った。銅版画のパイオニアとして大きな足跡を残した。


Information
Date : 1958
Size : 38 × 24.4 cm
Detail : E.A. / Color Aquatint / Soiled on reverse

Komai learned copperplate engraving from Nishida Takeo and got a prize of Shunyo-Kai. In the next year, he got a prize at the first São Paulo Art Biennial.
Komai was highly appreciated even in the overseas with Munakata Shiko, and it enabled him to make a spectacular debut in the Japanese art field after WWⅡ.
His artwork had an impact on a lot of Japanese print artists, as a pioneer of the copperplate field.