0

土屋 光逸 / 石山寺の秋月

SKU: C20242
タグ: 夜景  
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 昭和8年
サイズ : 大判
刷 : 優良
保存 : 優良
詳細 : 渡辺版

ディレクターコメント
明るい満月が人々の足下に影を落とす幻想的な1枚。
光逸は清親の門下で最年少であったことから小林家において家族同様の扱いを受け、清親の画業の手伝いをする傍ら、小林家の子守などの家事全般にも勤しんだ。
昭和6年「小林清親翁十七回忌記念展覧会」を開催していた渡辺庄三郎と出会い、その場を手伝っていた土屋は新版画を描くよう勧められる。翌年、渡辺版画店主催の「第3回現代創作木版画展覧会」において「祇園の夜桜」、「大阪城の月夜」の2点を試作版行し、60歳を過ぎてでの新版画家としてのデビューとなった。翌昭和8年以降に土井版画店・東京尚美堂・酒井川口・馬場信彦などから作品を発表していった。


Information
Date : 1933
Size : O-ban
Impression : Very good
Condition :Very good
Detail : Published by Watanabe

Mystical artwork that depicts the beautiful moonlit night.
Since TSUCHIYA Koitsu was the youngest pupil of Kiyochika, he was like a part of the family of Kiyochika. He assisted Kiyochika's artworks and also did housework, for instance, babysitting. In 1931, he met Watanabe Shozaburo, the most famous Shin-Hanga publisher, at the exhibition of the 16th year of Kiyochika's death. Watanabe offered him to make Shin-Hanga works, Koitsu joined and created some works and exhibited "Night cherry blossom at Gion" and "Moonlit Evening at Osaka Castle" at the 3rd exhibition of Modern print which was sponsored by Watanabe. It was a late debut of the famous Shin-Hanga artist.