0

広重二代 / 諸国名所百景 越中立山真景

SKU: C21038
価格 ¥78,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 安政6年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 綴穴

ディレクターコメント
立山はその雄大な姿から古代より神々が宿る地として信仰の対象であった。本作でも見切れるほどの山々が連なり、手前には修行をする山伏(山を神仏の身体とし、神々の身体に入ることで自身と向き合う修行を行う修験者)が描かれている。

広重二代は広重の門人で、当初は重宣と称していた。安政5年に広重が没すると、広重の養女お辰の婿になり、二代目広重を襲名する。広重の「名所江戸百景」にも参加し、全120図の内「赤坂桐畑雨中夕けい」には、「二世広重画」と款している。「市谷八幡」、「上野山下」、「びくにばし雪中」3点の作者も広重二代であるとされる。その後お辰と離別することになり、立祥と号し横浜絵、開化絵などの制作を続けた。


Information
Date : 1859
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Binding holes

Tateyama has been worshipped as a place where the gods dwell since ancient times because of its majestic appearance. In the foreground, a Yamabushi (an ascetic who regards the mountain as the body of the deity and Buddha, and who practices asceticism by entering the body of the deity and Buddha) is depicted.

Hiroshige II was a pupil of Hiroshige and was initially known as Shigenobu. After Hiroshige's death in 1858, he became the son-in-law of Hiroshige and assumed the name Hiroshige II. He also participated in Hiroshige's "One Hundred Famous Views of Edo" series, and "Akasaka Kiribatake: Evening in the Rain" was inscribed as a "Hiroshige II painting. "
Later, he separated from Hiroshige's daughter Otatsu and continued to produce Yokohama paintings and Kaika-e paintings under the name of Rissho.