0

清親 / 古代模様 清少納言

SKU: C21205
価格 ¥50,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 明治29年
サイズ : 大判3枚続
刷 : 優良
保存 : 優良
詳細 : 少汚れ

ディレクターコメント
「古代模様」は、同年に出版された「花模様」シリーズの成功をかわきりに制作されたものの、不評のためたった3図で中断された。
江戸時代の各時期の風俗や美人を取り上げ、大判3枚にわたって大きく描かれた人物、そして美しい着物の模様が印象的なシリーズ。
小林清親(1847~1915)は、「明治の広重」とも呼ばれた、明治を代表する浮世絵師。他の絵師たちが即物的な描写に終始したのに対し、光と影のうつろいを情感豊かに描いた「光線画」と呼ばれる風景画を好んで描き、浮世絵界に新たな風を吹き込んだ。それにとどまることなく、まるで西洋画のような写実的な花鳥画や、ユーモアあふれる風刺に満ちたポンチ絵、さらには歴史画や美人画など、多岐に渡るジャンルを手掛けた。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : 1896
Size : O-ban / Triptych
Impression : Very good
Condition : Very good
Detail : Slight browning

The "Ancient Patterns" series was created after the success of the "Flower Patterns" series published in the same year but was discontinued after only three works due to unpopularity.
The series featured customs and beautiful women from various periods of the Edo period, and the large portrait and beautiful kimono patterns on the continuity of three O-ban sheets are impressive.
Kiyochika (1847 - 1915) was called "Hiroshige in Meiji" and was one of the most famous Ukiyo-e artists in Meiji-Era.
Until his debut, Ukiyo-e artists generally unused the expression of the light and shadow, however, Kiyochika liked it and studied the depiction of them. His artworks blew a new wind towards the Ukiyo-e field in Meiji.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints