0

広重 / 東都両国すすみ舩

SKU: C22027
タグ: 夜景   花火  
価格 ¥1,500,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 弘化4 - 嘉永5年
サイズ : 大判3枚続
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 小虫穴補修 / 少汚れ

ディレクターコメント
舟の上の人々が見上げるのは、両国の空に浮かぶ大輪の花火である。花火を橋の奥に描き、舟を前景に配置する大胆な構図でありながら、遠くに浮かぶ舟や、花火の火花は緻密に描かれている。

広重は寛政9年、江戸八代洲河岸の定火消同心・安藤源右衛門の子として生まれた。幼少より絵を好み、15歳のときに歌川豊広の門下となった。初め、美人画や役者絵を描いたが、やがて「東都名所」のシリーズを皮切りに、数々の風景画を制作、人気絵師として名を馳せている。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : 1847 - 52
Size : O-ban / Triptych
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Restored small wormholes / Slight browning

The people on the boat look up at the large fireworks display in the sky over Ryogoku. The bold composition depicts the fireworks at the back of the bridge and the boats in the foreground, yet the boats in the distance and the sparks from the fireworks are painted with great precision.

Hiroshige was born in 1776, the son of Ando Genemon, a fireman who worked as a fireman on the Yashirosu river bank in Edo. He loved painting from an early age and became a student of Toyohiro Utagawa at the age of 15. At first, he painted beauties and portraits of actors, but he soon became famous as a popular painter by creating numerous landscapes, starting with his "Famous Places of the Eastern Capital" series.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints