0

探景 (安治) / 赤坂仮皇居及太政官真景

SKU: C22157
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 明治18年
サイズ : 大判3枚続
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少シワ

ディレクターコメント
安政6年に鎖国が解かれ横浜港が開港されると、様々な国の人々や文化が一気に日本に流れ込み、浮世絵師達はすかさず作品にしていった。
明治の浮世絵では、日本の文化と西洋の文化が混在している。

安治は当初は芳年に弟子入りしたが、明治11年頃からは清親に師事。明治13年頃には光線画を発表して浮世絵師としてデビューした。
安治の描写力は師匠の清親をも凌ぐほどで、作品は詩情を感じさせる優品が多い。
明治17年からは探景と画号を改め、様々な浮世絵作品等も手掛けるようになった。
将来が期待される才能を持っていたものの、26歳の若さで夭折している。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : 1885
Size : O-ban / Triptych
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight creasing

When the isolation of the country was lifted and the port of Yokohama was opened in 1859, people and culture from various countries flowed into Japan at once, and ukiyo-e artists quickly depicted these new cultures.
In Ukiyo-e prints of the Meiji era is a mixture of Japanese and Western culture.

Yasuji was initially apprenticed to Yoshitoshi, but from around 1878 he studied under Kiyochika. He made his debut as a Ukiyo-e artist around 1878, when he published Kosen-ga, painting with shading.
It is thought that Yasuji's descriptive ability surpassed that of his master, Kiyochika, and many of these works are excellent with a sense of poetry.
In 1884, he changed his artist name to Tankei, and began to work on various ukiyoe works. Although he had a promising talent, he died prematurely at the age of 26.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints