0

小野 忠重 / モスクワ早春

SKU: C26226
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 昭和39年
サイズ : 25 × 45.2 cm
刷 : -
保存 : -
詳細 : 限定30 / マット装

ディレクターコメント
厳しい冬を越え、いまだに枯れ木の目立つモスクワの早春、画面の左端には瞳のように見える赤い部分がある。

小野忠重は昭和7年に新版画集団を設立し、労働者や民衆の生活を題材にした作品を制作する。その後は木版陰刻などの手法により独自のマチエールを持った作風を確立していった。版画史や古地図、浮世絵の研究者でもある。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : 1964
Size : 25 × 45.2 cm
Impression : -
Condition : -
Detail : ed. 30 / With mat

In early spring in Moscow, where dead trees still stand out after a harsh winter, there is a red area on the left side of the image that looks like an eye.

ONO Tadashige formed the Shinhanga-artists group in 1932 and made prints depicting workers and the everyday life of the common people.
After that, he established a style with his own unique matiere by using woodblock engraving and other techniques. He was also a researcher of print history, old maps, and Ukiyoe.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints