0

広重 / 五十三次名所図会 赤坂

SKU: C19037
価格 ¥92,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up the images.

作品
年代 : 安政2年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 端折 / 少汚れ

ディレクターコメント
縦構図の東海道シリーズである五十三次名所図会のうち、赤坂を描いた一枚。
中央にいるのは、東海道中膝栗毛の弥次さんと喜多さん。狐が化けてでるという噂を聞いていた弥次さんは、遅れてやってきた喜多さんを狐と勘違いして捕まえようとしている。
広重は寛政9年、江戸八代洲河岸の定火消同心・安藤源右衛門の子として生まれた。幼少より絵を好み、15歳のときに歌川豊広の門下となった。初め、美人画や役者絵を描いたが、やがて「東都名所」のシリーズを皮切りに、数々の風景画を制作、人気絵師として名を馳せている。


Information
Date : 1855
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Side fold / Slight browning

This is one of the vertical series of the Tokaido and is the depiction of Akasaka.
The 2 men in the middle of the print are Yaji-san and Kita-san. Akasaka had a traditional rumor that sometimes fox turns itself into a human. When Kita-san caught up with Yaji-san, Yaji-san is doubting that Kita-san in front of him is the fox.
Hiroshige was born as a child of the fireman of Yayosugashi in Edo. He loved painting from childhood up and became a pupil of Utagawa Toyohiro when he was 15 years old.
At first, he had drawn beauties and actors, and after that, he began to draw the sceneries of the famous places in Edo, and he earned a reputation from it.